RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

♪しあわせサラリーマンのつぶやき♪

しあわせサラリーマンを目指して、ネットで稼いで、不動産投資で安定収入を稼ごうとしています。
毎日おきる出来事についてつれづれにつづってみたいと思います。
<< 今日の不動産のお仕事 | main | 入居申し込みがはいりました。 >>
退去部屋の確認。見積り高くない?

JUGEMテーマ:ビジネス

 

昨日、ブログを更新できなかったので、その分を書きますね。

 

昨日やったことは、空室になった部屋の確認をしてきました。

 

実はこの部屋の入居者の方は、病院でお亡くなりになったということでした。

 

保証人や身内の人もおらず、部屋の中のものはこちらで処分しました。

 

そのあと、原状回復工事をするわけですが、これが60万位の見積りがでてきてびっくりです。

 

そのあたりの確認も兼ねて現地確認してきました。

 

部屋の中はこんな感じです。

 

なぜか、隙間にガムテープがいっぱい。見たことのない光景です。

 

管理会社によると 隣人と騒音の件でもめたことがあるようです。

そして、精神的に問題がありそうな方ともいっていました。

 

ちなみに玄関は

玄関のガムテープ

 

いたることろにシールがべとり。

 

ゆかにびっちりガムテープ、便器との隙間をうめているようです。

 

今回ふと思ったのが、入居者が部屋で死亡した場合との差が面白いとおもいました。

 

もし、今回お部屋でなくなっていたなら

その間の空室保証と原状回復費用は 保険が適用されてほぼ全額賄ってくれます。

 

なので、早めに発見されるのであれば、お部屋でなくなってくれた方がよかったかもしれません。

でも、事故物件になっちゃいますね。

 

今日は、2.銀行の担当者と面談、3管理会社の新人に挨拶 4仲介会社の担当者とあいさつ

 

などなごがありました。

 

 

| 2週間で決済利回り15%中古RC一棟購入編 | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.1growing-rich.com/trackback/900623