RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

♪しあわせサラリーマンのつぶやき♪

しあわせサラリーマンを目指して、ネットで稼いで、不動産投資で安定収入を稼ごうとしています。
毎日おきる出来事についてつれづれにつづってみたいと思います。
<< 心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 【229冊目】 | main | いよいよゴールデンウィークですね! >>
もし独身OLが「脱サラ不動産投資」に本気で取り組んだら【230冊目】
小説風であるが、立派な不動産投資の本である。
著者は藤山勇司先生。不動産競売を得意とする元サラリーマン大家さんだ。著書も大ヒットした。今回の登場人物は、実際に藤山さんのお弟子さんをモデルとした書かれているようだが、全くの初心者からはじめて一棟アパートをもつまでのストリーが描かれている。

参考になる点は数多いのでぜひ読まれることをオススメする。

私としては、小説ではなく硬派な本にしていただいたほうがわかりやすいのですが。。。。

  保証人なしでも不動産投資の石渡浩さんの教材です。私も購入しました。
 「職業・年収に関わらず物件担保評価次第でオーバーローンを受けて不動産投資ができる! 不動産投資におけるノンバンクの活用法 ―スルガ銀行からも住住&F(旧ライフ住宅ローン)からも借りられなくても融資を受けて不動産投資をする方法―2011年版」

3年間で13億円の中古アパート・マンションを購入した不動産投資家が語る物件選択と融資セミナー

 元サラリーマンでリタイヤ大家さん今田信宏さんの教材です。。
多くのサラリーマン投資家が読んでいる教材です。私も購入済みです。
頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法

サラリーマン大家さんのための不動産絶対成功税務マニュアル

  最近、 尾島健太郎さんの
【不動産投資】空室対策・高利回り獲得プログラム
を購入しました。mp4にして携帯で見聞きしています。


田原総一朗氏も「大絶賛!」したノウハウ本の著者川島和正の最新作「毎週3〜7時間ある事を行うだけで年収1000万円以上になれる、親戚にも言えるほどクリーンな稼ぎ方 〜1000MANプログラム〜」
| しあわせサラリーマンになるための読書 | 23:15 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
藤山勇司です。
読後感想文をご掲載頂きありがとうございます。本書はご指摘の通り、平易な言葉で綴っております。
これまで、実用書を数多く上梓してまいりました。しかしながら、どこか物足らない物を感じておりました。
 それは心構えです。
「自己コントロール」が大切ですよ。実用書でも何度も書いて参りました。ところが、この大切な部分を説明するのに、許される紙面は多くても一ページから三ページに過ぎません。これ以上多いと冗長だと感じられるからです。ただ、ここが根っこです。
 大樹になるには枝葉以上の根っこがなければ、嵐や豪雪により簡単に倒れてしまいます。不動産投資も同様です。根っこをいかに充実させるのか。ここに最大の時間と労力をかけなければなりません。
 
 不動産投資に成功すれば、経済的な自由を得ることができます。しかしながら、それが一番ではない。もっとも貴いのは、『働く』ことです。そして、経済的自由を手に入れたなら、それを振り回すのではなく、自分ではない他の者、子供であっても社員や部下であっても演劇などの文化であってもかまいません。他者を応援する大きな責任も同時に背負うのだと感じていただきたい。そう思っております。

以上、恥ずかしながら感謝とともに。
           藤 山 勇 司
| 藤山勇司 | 2011/04/30 11:54 AM |

藤山先生コメントいただき恐縮しております。

本書を通じて「自己コントロールの大切さ」は身にしみました。確かに実用書の場合、あまり同じことも書けませんし、どうしても手法やテクニックに重点がいってしまいますよね。

不動産投資に限らずその人の心構えが結果に現れると思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

| しあわせサラリーマン | 2011/05/01 1:15 AM |

ご理解いただき、嬉しく存じます。
この「自己コントロール」を磨かず、大きさばかりを追い求めると、待っているのは『破綻』の二文字です。
破綻する危険性があるなら、大家さんになるチャンスにめぐり合わない方が幸せだったのです。
投資家よりも、大切なのは「働く」ことです。
私自身、日々文章を書き続け、朝、昼、晩と一家の台所で包丁を振るっています。女房は家の掃除と洗濯、そして大家さんを担当してもらっています。もしも、私に何かがあったとしても女房がいるので、藤山家は支障なく暮らしてゆけるための方策です。
 自らがいなくても家族が安心して暮らせるスタイルを模索した結果、こうなりました。
 それぞれの家庭にはそれぞれのスタイルがあると思っております。そうしたシチュエーションを広めるには小説が一番似合っているのではないかと考えています。
『もし独』、できれば近親者やお友達にお勧めくださればこれほどの喜びはありません。

以上、略儀ながらちょっとしたお願いとともに。
              藤 山 勇 司
| 藤山です。 | 2011/05/01 10:54 PM |

藤山先生 またしてもコメントありがとうございます。

私も兼業大家ですが、サラリーマンをやめるつもりは今のところありません。

大家業も働いた分収益を得ていると肝に銘じながら日々思考錯誤を繰り返しております。

また、本を出版されました際にはコメントいただけるとありがたいです。

今後ともよろしくお願いいたします。


| しあわせサラリーマン | 2011/05/03 11:29 PM |










http://blog.1growing-rich.com/trackback/900214