RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

♪しあわせサラリーマンのつぶやき♪

しあわせサラリーマンを目指して、ネットで稼いで、不動産投資で安定収入を稼ごうとしています。
毎日おきる出来事についてつれづれにつづってみたいと思います。
<< 国民生活金融公庫からの融資が完了しました | main | サラリーマンと個人事業主の所得税 >>
お父さんの子育て参加のすすめ
 愛娘も9ヶ月を迎えました。最近はかなり表情がでてきて面白いです。しかし、奥さんは大変なようです。

 私は平日の朝6時頃から7時半頃まで、愛娘と一緒に遊ぶ時間を作っています。なぜかと言うと平日の夜のみですと、愛娘がもう寝ている可能性があるからです。そうすると、愛娘は1日お父さんの顔をみないことになり、だんだん親子のつながりがなくなってくると思っていたからです。

 世の中には育児に無関心なお父さんも多いかと思います。毎日激務に追われて子供なんかかまっていられないという方もいるかもしれませんが、ぜひ子供との一緒の時間を持ってみてください。

 子供と一生にいるととにかくいやされます。会社であったいやなことストレスが子供の笑顔をみると忘れてしまいます。また、この子のためにがんばろうという気になります。

 銀行が査定をするとき、既婚で子供がいて、持ち家であることが一番ローンを組みやすいと聞いたことがあります。これは安定性があるというか簡単に仕事をやめないでしょというところから判断しているのかもしれません。

 お母さんは1日中子育てをして、子育てに関しては会社の上司みたいでいろいろ注意は受けますが、どんどん育児に参加したほうがいいと思います。
 
 まして、9ヶ月くらいというのはとてもかわいい時期であり毎日発見の連続です。今のうちにその姿をしっかり目に焼き付けておきましょう。
 そして少しはお母さんの負担を軽くするように頑張りましょう。
| 育児 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。